パンストのサイズや色の選び方

パンスト美脚

毎日パンストを着用している女性は多いかもしれませんが、実際に選ぶ際にどうやって選べばよいのかわからずに、適当に選んでいるという人は多いかもしれません。

パンストの色やサイズの選び方、着圧など実はわからないことが多い傾向にあります。
ただし選び方や特徴を知ることによって、スカートから見える足がすっきりとしたものとなり、洋服の着こなしもおしゃれなものとなります。


 

パンストは目的に合ったもの選ぶ

どうせすぐに伝染してしまうからと安いパンスト選んでいる人もいるかもしれませんが、目的に合ったもの選ぶことによって、美しい脚に見せることができ、着こなしもワンランクアップすることでしょう。

近年開発されているパンストは、素材の選び方や技術によって、美脚に見えるもの、肌がきれいに見えるもの、細く見えるものなど、様々な商品が販売されているので、目的に合ったものを選ぶようにしましょう。
まず最初に気になるのが色の選び方ですが、自分の足に合った色をどうやってやればよいのかわからないという人は多いことでしょう。

商品により色の名前もさまざまなものであり、ナチュラルベージュやヌードベージュなどは聞いたことがあるかもしれませんが、そのほかにもパールベージュやサンタンブラウンなど様々な名前の商品があります。
濃いベージュから薄いベージュまでエロいものも含めて様々な色のものがそろっていますが、この中から自分の足に合った色を選ばなければなりません。

パンストのエロい妄想

 

パンストの正しい選び方

正しい選び方として、まず最初に生地の見本がある場合です。
お店に購入しに行った場合には、サンプルが置いてあることが多いでしょう。

この時に生地の見本の中に腕を入れて生地を引っ張ってみます。
生地を当てるのは手首の内側の部分です。
この部分が足の色に一番近いと言われているので、この時の肌の色を見て色を選ぶことが適しています。

手首の外側でなく内側を合わせることを覚えておきましょう。
これは自然に見せたい場合の選び方ですが、引き締まった足に見せたいという場合には、この時に一段階濃い色を選ぶと良いでしょう。

あわててコンビニなどに買いに行った場合には、生地の見本がないケースもあります。
このようにサンプルがない場合には、パッケージから色見本の色が見えるので、この色と自分の手首の内側の色を比べてみましょう。

台紙が白になっているので、実際に着用した場合にはやや濃い印象となります。
また自分自身が愛用しているファンデーションの色を参考にしてみるのもお薦めとされています。

社会人としてスーツを着用する場合には、ナチュラルなベージュが望ましいとされていますが、大人っぽく着こなしたいという場合には、薄いネイビーなどを選んだり薄いグレーなどを合わせると着こなしが洗練されたものとなります。

服の色や靴に合わせるのも良いですが、見せたいイメージやTPOに合わせて色を選ぶことによって、よりおしゃれに着こなすことにつながります。

 

パンストの着圧はhPaで表される

そして近年のパンストは、足の部分に合わせて着圧を変化させて細く見せるようになっているものも多く見られます。
着圧の選び方はhPaと呼ばれる単位であらわされますが、この数字が大きければ大きいほど、圧力は強くなることでしょう。

もしも締め付けが苦手だという場合には、着圧表示のないものを選ぶようにしましょう。
通常のパンストの場合には、足首の着圧が10ヘクトパスカルくらいとなっています。

着圧機能のあるものは13から15hPaくらいといえるでしょう。
着圧の強い方が引き締め効果を得られますが、あまりにも引き締めが強いものだと不快に感じる場合もあります。
自分で快適だと感じる程度のものを選ぶことが大切です。

 

色の選び方によって引き締め効果が得られる

また着圧機能がなくても、色の選び方によって引き締め効果が得られることもあります。
自分の足よりも一段階濃いめを選ぶことによって、引き締まった足に見せることができるでしょう。

反対に自分の足のよりも薄いものを選んでしまった場合には、これが膨張色にあたることから太く見えてしまうかもしれません。
だからと言って足の色が浮くほどに暗いものを選んでしまうと、コーディネートに合わなくなる可能性も高いでしょう。

迷った場合には見本がある売り場に出向いて、腕の内側に合わせて自分の肌にちょうど合う色を研究してみることが大切です。

 

パンストのサイズの選び方

そして気になるサイズの選び方ですが、基本的には身長を基準にして選ぶことになるでしょう。
身長で選んだら、その次にヒップサイズを確認してみましょう。

SやM、Lなどの表示が書かれている場合には、正確にサイズを測り選びたいところです。
身長が163センチで体重が50キロの女性を例に挙げた場合には、LやLからLLなどが適したサイズとなります。

着用している間にずり落ちてくるようなことがあれば、サイズが合っていなかったり、正しく履けていないなどの理由が考えられます。
正しく履けていても落ちてくるようであれば、サイズを一段階小さくしてみましょう。